越谷市ではクワイ、葱、チューリップなどが多く生産されている

越谷市には名産品も多く、豊かな自然を活かした農作物が魅力の1つです。おせち料理で良く使われているクワイの生産量は非常に多く、広島県福山市に次ぐ生産量を誇っています。また、世界で初めてクワイを使った地ビールが作られるなど、クワイとの関わりが特に深い都市です。

 

埼玉県は千葉県に次いで2番目に葱の生産量が多い都道府県ですが、越谷市でも葱の生産が盛んとなっています。同じく、埼玉県内で多く収穫されているのが小松菜であり、大都市の近郊で作られていることが多いのが特徴です。この小松菜の収穫も市内では非常に活発であり、埼玉県内では6番目の生産量を誇っています。野菜以外ではチューリップの生産量が多く、春には市内の多くの箇所で色鮮やかなチューリップを見ることが可能です。

 

1988年に作られており、多目的広場やテニスコートなどがある出羽公園はチューリップの名所となっています。その為、毎年4月にはチューリップフェスタが開催されており、多く植えられている桜とチューリップは名物です。また、市役所の東側、葛西用水の土手もチューリップが多く植えられており、春にはおよそ400メートルに渡ってチューリップが咲きます。

 

越谷だるまは年間で50万個以上が生産されており、日本中に名前が知られている名産物の1つです。1713年、だる吉という人形師が縁起物に達磨大師を描いたのが始まりと言われており、1984年に張子だるまは埼玉県により伝統的手工芸品として指定されました。


公認会計士

公認会計士に関する様々な基礎知識をご案内しています。
www.kouninnkaikeishi.info/