千葉県の歴史と特色

千葉県の歴史は古く、更科日記、将門記などの古典文学の舞台として登場しています。
現代に入り、太宰治の「人間失格」、「東京八景」は船橋市が舞台となり、またノーベル文学賞を受賞した川端康成の「童謡」も船橋市を舞台にしています。吉川英治の「宮本武蔵」、松戸市が舞台の伊藤左千夫の「野菊の墓」、山本有三の「真実一路」、林芙美子の「放浪記」、他にも三島由紀夫、司馬遼太郎などの著名な作家が千葉県を舞台にした小説を書いています。

 

千葉県が多くの小説に描かれている理由は関東平野、利根川などの自然の美しさにあり、東京に近いことなど作家の想像力を刺激し、フィクションとして描きたい思いを抱かせるからでしょう。千葉県の浦安市に1983年(昭和58年)に「東京ディズニーランド」ができ、全国的にレジャー施設としても観光地としても脚光を浴び続けています。おすすめの観光地として「昭和の森公園」、「千葉ポートタワー」、「大江戸温泉物語」などがあります。